シングルエンド型ラジアントチューブバーナ

PDF図面ダウンロード

省エネ時代のさきがけとして、東京ガスが開発したものを製造。

  • 当社のラジアントチューブは省エネ時代のさきがけとして東京ガスが開発したものを当社で製造しております。
  • ストレート型、U型に比べてチューブの表面温度分布が均一であり、耐久性に富んでいます。
  • 燃焼部のチューブが2重構造になっており内管内で燃料ガスと空気がミキシングされ完全燃焼します。
  • 雰囲気熱処理炉、金属溶解炉、ソルトバス、液加熱など広い用途に利用できます。
  • バーナヘッド部に熱交換器が設置された排熱回収を行う高効率のバーナです。

※東京ガス株式会社が開発したものを当社で製造しております。

ホーロー焼成炉

シングルエンド型ラジアントチューブバーナ

型式 定格
インプット
ガス
供給圧力
空気
供給圧力
NOx 騒音 最高
使用温度
kW kPa kPa ppm dB
3B 20.93 7.8以上 7.8以上 80以下*1 80以下*2 MAX
950℃
4B 34.89
6B 69.78

※1 O211%換算、但し炉内温度800℃、排ガス再循環方式を採用しています。
※2  騒音レベルのA特性の値です(バーナより1m離れた位置にて測定した数値)。

Page Top